image



アーセナルが5日、アトレティコ・マドリードに所属する27歳のガーナ代表MFトーマス・パーテイを完全移籍で獲得したと発表

 クラブの発表では長期契約とだけ伝えられており、英メディア『BBC』によれば移籍金は4500万ポンド(約61億8000万円)になった模様だ。アーセナルを率いるミケル・アルテタ監督はパーテイについて「トーマスのことをしばらく見てきた。このような高いクオリティを持った選手をチームに加えることが出来て嬉しい。彼はダイナミックなミッドフィルダーであり、素晴らしいエネルギーを持っている。リーガやチャンピオンズリーグで数年間にわたり、高いレベルで競い合ってきた。そのため、彼は多くの経験をもたらしてくれるだろう」と、語っている。  パーテイはアトレティコの下部組織で育った後にマジョルカやアルメリアに期限付き移籍し、2015年7月にアトレティコへ復帰した。それ以降は主力として活躍しており、昨季は公式戦46試合に出場し4得点1アシストを記録している。今季は公式戦3試合でプレーしていた。長きにわたって交渉を続けてきたが、ようやくアーセナルは念願の選手を獲得することに成功している。

(出典:フットボールチャンネル)