どうも、美丈夫です。
IMG_8911
6月開幕の南米選手権ブラジル大会に参戦する日本のA代表に、U-20代表から主力3人が飛び級で招集されることが5日、分かった。FC東京MF久保建英(17)鹿島アントラーズMF安部裕葵(20)サンフレッチェ広島GK大迫敬介(19)で、個別交渉の末に本人とクラブが了承。A代表初選出とU-20ワールドカップ(W杯)ポーランド大会の回避が内定した。それぞれ20歳以下で「エース」「司令塔」「守護神」と呼ばれる主軸。先月から南米派遣の打診を受けており、大会上位を目指すU-20と高いレベルで成長させたいA代表の間で綱引きになっていた。
この日、J2東京V-長崎が行われた味スタにA代表の森保監督と参謀の横内コーチ、日本協会の関塚技術委員長、山本副委員長が集結した。森保監督は横浜、関塚委員長は町田から視察先を変更しており、メンバー振り分けの“最終会議”が開かれた。
3選手は当初、7日に発表されるU-20W杯メンバーに名を連ねることが既定路線で、出場も熱望していた。しかし「日本サッカー界の宝である選手たちを伸ばす環境づくり」を最優先したい森保監督の意向を受け、日本協会が最上位カテゴリーへの引き上げを調整。この日、クラブからの内諾が報告された。
バルセロナの下部組織で育った久保は、17歳ながらJ1で首位を走る東京の原動力に。6月4日に18歳の誕生日を迎えるため、南米選手権で市川大祐(17歳322日)に次ぐ年少出場記録を樹立することが確実になった。安部は19歳で鹿島の背番号10を託され、U-20W杯でも10番を背負う予定だったアタッカー。大迫は広島で開幕から全10試合にフル出場し、第2節から5戦連続完封と半端ない堅守でA代表に上り詰めた。(日刊スポーツ:https://www.nikkansports.com/m/soccer/japan/news/201905060000067_m.html?mode=all)
ついに来るかもしれないですねえ。久保建英選手。
現在J1リーグ1位のFC東京の攻撃を牽引する才能溢れる17歳が日本代表で観れるかもしれません。安倍選手も鹿島にとっては痛いかもしれませんが楽しみです!そして大迫選手も呼ばれるとなるとG大阪の谷選手も怪我だから、あれ?U-20は……

実際少なくとも3試合はありますから必ず出番はあるでしょうが、とにかく反対意見も多そう。。。

W杯よりコパなんですね!!がんがれ!


僕も近所なんで飛田給でFC東京のホームゲームはよく観戦しに行くんですが、本当に久保くんめちゃうまなんですよねえ〜(みんな知ってる)。下手したら今季あと何回かしか見れないかもしれない可能性もあるわけですね!味スタの売り子あんまり可愛くないけど!





 以上、よろしく!