どうも、美丈夫です。


昨夜日付が変わった頃くらいですかね、
そろそろ寝ようかな〜とか思ったら
携帯の通知がなりまして、
へ?
いやあああぁぁぁぁあっふぅうううう!!
ダンシング!ダンシング!ダンシング!
ってなりました(嘘です)。


サポーターもやいのやいの言いながらも
なんやかんや愛してやまない我らがボスが
2020年までの契約が2年延長し2022年までとなりました。イェイ!

クラブ最多指揮となる412試合中252勝で
勝率は驚異の61.17%を誇るそうです。流石ですね。


2011-12の途中から就任しすぐに結果を出しそして今日までコンスタントに結果を出してきました。
FullSizeRender
出典:Getty Images
  • 11-12  リーガ5位、UEL優勝
  • 12-13  リーガ3位、CDR優勝、UEFAスーパーカップ優勝
  • 13-14  リーガ優勝、UCL準優勝
  • 14-15  リーガ3位、スーペルコパ優勝
  • 15-16  リーガ3位、UCL準優勝
  • 16-17  リーガ3位
  • 17-18  リーガ2位、UEL優勝
  • 18-19   UEFAスーパーカップ優勝
いやあ、改めて見てもすごいです。
凄すぎ。愛してる。

就任してソッコーのEL優勝から始まり、
12-13コパでは14年間勝利のなかったダービーを制し優勝
13-14"2強時代"終了のお知らせとなるリーガ制覇
15-16の強敵をなぎ倒しまくってCL準優勝とか…

僕はこの辺が特に思い出深いんですが、どれを取っても本当に毎日ワクワクする夢のようなシメオネ政権でした。


今回契約延長に至った理由として、
「クラブに大きな将来性を感じた」
だそうで、

これからもこの物語は続いていくのです。

アトレティコ・マドリーが邁進していく、
歴史を作っていくこの瞬間をこれからも
目の当たりにしていけるのじゃい!


ああ、たまんねえなあ〜!


「パルティード・ア・パルティード」



以上、よろしく!