どうも、美丈夫です。



1 - 3
うわああああぁぁぁああああ(´;ω;`)


ちょっと文句言ってもいいすか!!!

とても楽しみにしていたデルビーが台無しでした!
何のためにリーガはVARを導入したのでしょうか!?

せっかくのテクノロジーを使っでさえも、今までと同じような贔屓判定がでるなんておかしいとしか言いようがありません。
IMG_8499
ほらあ!!!!
これ、どう見ても外でした。
過去にこういうシーン何度も見てきましたが、たしかにこれをこの一瞬の流れの中で外か中かを判断するのは難しかったと思います。
しかし、今はVAR、ビデオアシスタントレフェリーがあるのです。何度だってビデオでスローにしたり映像を止めたりして確認できるのです。


映像が映し出された時、誰もが外だと安心したものですが、主審の判定はPK。
…( ゚д゚)?

そのとき、前半終了間際でスコアは1-1です。
この謎のPK判定は試合の結果を変えたといっても過言ではないのです。
(オブラクってPKのとき全然前でないよね。もっと前出ちゃえばいいのにw)

事実、1点を手に入れたことはもちろん、リードしたことによりマドリーの選手は守りやすくなりました。

終わってますね!


後半、審判団によってマドリーに与えられたビハインドを追わなければなりませんでした。 
そこで少ないながらもチャンスを作りましたが、

モラタのゴールはVARで取り消し。
謎のイエローカード。
後味悪いデルビーとなりました。




しかーし!!!!
試合がスーパーノーミスジャッジで進んでいたとしても試合に勝てたかといえば?です。
あいも変わらず攻めあぐね結局行き詰まった末カウンターなりサイドのスペースなりからやられまくるみたいな最近よく見る光景。。。


はっきりいってこの試合、マドリーからも見習うべきところたくさんあったと思います。
負けるべくして負けた試合であることを認めざるを得ません。。。

これからCLユベントス戦があります。

リーグ戦だって残り数試合しかなくて〜ってわけではないのです。

タイトルを意識することは大事ですが、ここはひとつパルティード・ア・パルティードを見直すべきですね。

勝ち点だとか日程だとかではなく、目の前の試合に勝つことに尽力するのがシメオネの信念でしょ。



レマルがどうしようもないのはわかりますが、個人的にビトロもすぐ倒れるのでイマイチなんですよね。僕が現役だった頃あの手のすぐ倒れる選手は守るのが楽でした。どちらかというとアザールのような選手の方が圧倒的に嫌でしたね。



今季は本当にゴールする道筋が見えなすぎて攻めてるときのワクワク感が皆無です。


モラタも本当に活躍したいならクズトワのメンタルだけは見習うべき。


いろんなクラブのサポからもだめだめ言われまくってる今、結果で黙らせるのが1番!
ワールドクラスはブーイングをモチベーションに変えるのです!



次節はアウェーのラージョ戦!




以上、よろしく!