どうも、美丈夫です。



破綻によって3部まで落ち、セリエAまで這い上がってきた2007年から加入。そこからこれまで11年半ナポリを牽引してきたマレク・ハムシク

クラブ歴代最多得点公式戦最多出場など記録を残し、まさにクラブの象徴と言うべき選手だが、どうやらカラスコとガイタンの所属する中国スーパーリーグの大連一方へと移籍してしまうようです。


ナポリを昇格組から強豪クラブへとハムシクと共に成長してきた軌跡です。クラブに忠誠し、監督によって様々なポジションでの役割を担ってきました。トップ下やインサイドハーフ、ボランチなど中盤はどこでも器用にこなし、2列目からの飛び出しで得点を奪うセンスも抜群でした。


これまでに彼を欲しがったビッククラブはゴマンとあります。セリエA内ももちろん他5大リーグからのオファーや噂は沢山あったことでしょう。多分。
以前代理人をつとめておりましたライオラだってハムシクがあまりにも移籍しないから担当から外れているのです。


兎に角、ハムシクは「僕の未来はナポリだ」と忠誠を誓ってきたのです。こういうのもかっこいいですね。


そんなモヒカン漢の彼もどうやら水色のユニを着て引退するということも確約ではなかったようです。
僕は以前チラッと報道が出たとき、んなわけないやろwハムシクやぞwと思ってましたが、遂にナポリの会長が認めたのでマジでした。


かつてラベッシやカバーニ、イグアインなどのワールドクラスがナポリで活躍を収め去っていった中でセリエA屈指の強豪クラブナポリを支えたモヒカン漢の中の漢も31歳。色んな考えあっての移籍なのでしょう。


どうせまた、金かよ!って喚くクソガキがまた湧いてくるのでしょうが、ナポリの象徴、ハムシクのこれからの更なる成功を祈ってあげるのが一番なのではないでしょうか。それがサポーターってもんなんじゃないでしょうか。知らんけど。

むしろあえてのビッグクラブを避けての移籍かもしれないですね。




つまり何が言いたいかっていうと、
ナポリのユニフォームってかっこいいですよね。




以上、よろしく!