どうも、美丈夫です。


年内最後の試合になりました、ホームで行われたリーガ第17節、エスパニョール戦。
ガビとトーレスがスタンドで見守る中、グリーズマンのPK弾により1-0で勝利を収めました!(ガビの退団セレモニーまじで感動しましたね泣)

これにより勝ち点34とし、セビージャが引き分けたため単独2位に浮上しました!イェイ!
年明け一発目にアウェーで直接対決なのでウインターブレークでリフレッシュしてそこで勝利し是非ともつきはなしたいところですね!


ところで、プレミアリーグは年末年始も普通に試合がありますがなんででしょうか?(19-20シーズンから2月にウィンターブレイク導入が決定したそうな)


まず、1月からFAカップにプレミア勢が参加しますのでリーグ杯も勝ち残っている場合、カップ戦が2つあることになります(準々決勝の引き分けによる再試合は廃止になりました)。また欧州カップとの兼ね合いもあるなか日程的に5月に終わらせるように帳尻を合わせるので自ずと過密日程になってしまうのです。

それからクリスマスの翌日12月26日はボクシング・デーと呼ばれ、その日に試合を必ず行うという伝統もあります。
お疲れ様です。。。

そんなこともあり、CLでプレミア勢が苦戦する原因に多くの選手や監督がこの過密日程をあげます。
たしかに僕も一理あると思います。
疲労を取ることって本当に大事なんですね〜


しかし、この時期僕達日本の海外サッカーファンも休みですから、プレミアリーグやってるとなんやかんや見ちゃうんですよね(笑)
ありがたい限りです。

もちろん一番勝って欲しいのはアトレティコなんですが、今回の18-19CLでのプレミア勢にも期待したいですね!


あっ、たまにプレミア勢がCLで勝てないのはカップ戦も重要だしリーグ内の競争率が高いからじゃ!って言うプレミア厨がおりますが、ちょっとそれは違う気がしますねえw

そんなのはどこのリーグも同じ条件っすよw
てかどのプレミアのチームもしっかりターンオーバーしとるやんけwww


年末年始も休めないなんてプレミアリーグはまるでブラック企業ですな〜


以上、よろしく!