どうも、美丈夫です。


かつて、「世界最強リーグ」とされたセリエA。
しかし、チャンピオンズリーグ(チャンピオンズカップ含め)を7回制覇してるあのACミランも昨日EL最終節で見事敗退しました…


この悲しいセリエAの凋落ぶり
まあよく言われてる原因といえば、

赤字をシカトした経営
収入よりお金使い続けたらそりゃあねぇ。。。

ウルトラスによる暴力や差別チャントで観客動員数減
セリエAでは、全チームがスタジアムを所有しているわけではなく、レンタル代や維持管理費用を支払っています。しかし、入場料による収入は全盛期の半分程度になってしまいました。

そしてチケット値上げ(泣)
イタリア国内の経済もアカンのに
もう、悪循環ってやつですね。。。
嗚呼、目立つ空席。。。

選手に不利な税制
スペインやイングランドでは選手にかかる所得税がイタリアやフランスの3分の1と言われいます。リーグ内競争力そのものも低下してて尚且つ稼げないならそりゃあ選手も離れていきますよね。。。


あとやっぱカルチョスキャンダル(八百長、審判買収問題)ですかね。
ファンタジスタ的なのも時代遅れやしなあ〜


でも!しかし!
C・ロナウドがユヴェントスに移籍したり、昨季にはローマだってCLで準決勝まで行ったりと少しずつポジティブな要因もあります。(ただ、セリエA現在絶賛ユーベ爆走中…ナポリもっと頑張れよ!)


是非、イタリアサッカー復活してほしいものです!


で、こんな事言っててCL決勝トーナメントでユーベにボコられたらどうしよう、、、
対ロナウドに良い思い出がない(´;ω;`)



以上、よろしく!