どうも、美丈夫です。


どうやら、あのスペインの黄金期に活躍し、
同国代表歴代最多得点保持者である
「ダビド・ビジャ」選手(36)が
MLSニューヨークシティを退団した後の新天地として、
横浜F・マリノスやヴィッセル神戸などへ移籍するかもって話です。


僕の中で、ビジャといえばリーガ最終年をアトレティコに薄給で加入してリーガ優勝に貢献ししっかり移籍金を残して去っていかれたという素晴らしくありがたい思い出があります。
めっちゃええ奴やったなあ〜


さて、イニエスタやトーレスが噂になった時は
「レベル低いJに来るわけねーだろw」
「どうせアメリカやろw」
「もう破談らしいよwww」
といった声が数多でしたが、
さすがに今回は誰も疑いやしませんね(笑)

たしかに全盛期を過ぎた選手達ではありますが、
そう簡単にお目にかかることの出来ないスーパースターであることに変わりはありませんし、実際Jリーグでも素晴らしいプレーを披露して観客を魅了しています。

選んだ理由に日本という生活しやすい環境が〜といった話もしていたように徐々にキャリア終盤を日本でという選択肢が広まって来ているのは非常にラッキーでありまたとないチャンスです!

W杯や最近の代表戦を観てもわかるように日本サッカーは少しずつですが世界に通用するようになってきています。国内リーグのレベルを底上げすることによりさらにそのレベルを上げることができると考えます。


イニエスタの様な実績を持ってる選手がJリーグについて"緩急が足りない"と指摘してくれたりするのはスーパー手っ取り早くて参考になるのです!
ましてや一緒にプレーしてるチームメイトは常にそのレベルを体感できるのです。


また実際、トーレスだったりを観たくて試合観戦始めて行ったという方も少なくないのではないでしょうか。
今季は未だに順位変動の可能性もあるほど混戦となっておりめちゃくちゃ面白いです(笑)
行けばわかりますがJリーグもめっちゃ楽しいですよねw


それでもまだ日本ではたくさんの娯楽がありますし、Jリーグの観客動員数は決して多いとは言えません。
新たに観に来てくれた人をまた来たいなってさせる様な試合だったりをして行って欲しいですね!


サガン鳥栖でトーレスビジャのツートップとかなったら胸熱だなあ〜(笑)


以上、よろしく!