どうも、美丈夫です。


25日、ブリッセルでの臨時首脳会議にて離脱に関する合意案を正式決定しましたが、英国内での反発は強く議会が承認するかどうか微妙なところです。このまま合意なしの離脱になりそうな感じですね。

今チラッと見た感じポンドはなんともなかったんですが、国内議会での結果が出れば恐らく暴落しポンド安になるでしょう。

となると、移籍金等にかかる費用が増加してしまいます。

つまり、逆もしかりでEU加盟の他リーグがプレミアの選手のバーゲンセール状態になるということです。

プレミア勢のCLでの躍進を心待ちにしていた方々には困っちゃいますねえ。。。

そして、国籍やビザの問題も出て来ますので選手を獲得するにしてもかなりの制限が付いて来てしまいます。


そんなことになってしまえばプレミアの醍醐味である競争力が落ちて行くどころの騒ぎではないのです。
チェルシーあたりは即死ですねw

当然、そのままシナリオで行くことにならないよう、何かしらの制度の変更だったりがあるでしょうが少なからずプレミアリーグに与える影響は避けて通れないのです。


……僕としてはプレミア選手の大量流出という最悪のシナリオとなった際、アトレティコにいい選手ガンガン入ってくればラッキーやなあ〜。なんてしょーもないこと考えながら、特売コーナーでウロウロする主婦のようにあ、この選手も、、あっ!こっちの選手もいいわ!ってニヤニヤしているのでした!


以上、よろしく!