どうも、美丈夫です。


昨日にUEFAネーションズリーグにむけた代表メンバーが
各国から発表されました。

そもそもUEFAネーションズリーグとは欧州の親善試合に対する意識の低下を理由に新設されました。
2年毎に国際Aマッチデーに欧州55ヶ国で行われます。
ABCD4つのリーグ内で更に4つのグループに分け、ホーム&アウェーで試合をするちょいややこしい仕様ですね。

順位の決め方だったりEUROにリンクしてくるあたりの
ルールを説明するとちょっとめんどくさいので、
分かりやすく書いてるサイトもありますし割愛します。

気になったのが、
各グループの首位でプレーオフを行なって一位になると
EUROの予選で敗れてもEURO本戦に出れるので
最弱Dリーグからも出場国が出ることになるみたいです。

あれ、そうするとEURO本戦のレベル下がらない?
と素朴な疑問を持ちました。

それからもうひとつ、
強豪国には強豪クラブに所属する選手達がいます。
その選手達は国内カップ戦、リーグ戦、UCLなどで消耗しています。

え?リスクやんそれ。
UNLってますます存在意義が分からなくなります。
各強豪クラブの主力選手が怪我でもしようもんならたまったもんじゃないですねえ。。。

はっきり言って強豪国にメリットがまるでない大会です(経済的側面くらい?)。
親善試合以上のモチベーション持たせれるかといえばなんとも言えませんね。
というか毎回選手選出してやってて結局親善試合と変わんなくね?
とも思ったり。

ちなみに先月クロップ監督も
「我々は選手たちの骨を拾うことになる。これから我々の選手たちはチームを去り、それぞれの代表チームでプレーする。UEFAネーションズ・リーグという世界で最も無意味な大会のためにだ。選手たちにとってはとても辛い時期さ。我々はもっと彼らのことを考え始めなければならないよ。」
と語っていました。
クラブの監督は皆同じ意見ではないでしょうか。


そして折角だから観ようと思ったら
DAZN、スカパー、CS等々、、、
全滅ではありませんか!
なんやねん!!

まだ世間ではその程度の認識なのかなあって感じですね。。。


まあサウールだったりグリーズマンだったりが何事もなく帰ってきてくれればノープロブレムなんですがね。


以上、よろしく!